freoの設置/移行/更新

※[ ]内は各プラグインのID名

設置するサーバーの条件

  • freoを使用するにはサーバーにPHP5、データベースとしてMySQLまたはSQLiteが入っていることが必須。
  • freoをPHP5.5.x、5.6.xで使用する場合の注意点(Web Liberty&freoカスタマイズ集)【2016/06/09追加】
    PHPのバージョンが5.5.x、5.6.xのサーバーでエラーが発生する場合の対処方法
  • PHP7については、Smarty3(Smarty3.1.28でPHP7に対応済み)に対応するなど大幅にfreoを改造しないと動作しない模様。Ver1.20.0以降で、phpの設定(php.iniなど)に"error_reporting = E_ALL & ~E_NOTICE & ~E_DEPRECATED"を入れれば使用できる模様。【2017/09/19修正】
  • サーバーのPHPのセーフモードがONの場合、セットアップ時の自動パーミションの変更やファイルアップロード機能関連が動作しない。(参考:セーフモードにより制限を受けるか無効となる関数(PHP Manual))
    ※PHPがセーフモードがONかどうかは、セットアップ時に表示される「PHPの仕様を確認する」をクリックしてDetailsという表の中にあるsafe_modeの欄が「1」ならON、「0」か空白ならOFF。
    すでにfreoを設置済みの場合は、checker.phpを設置するかphpinfo()で確認できる。
    ※サーバーによってセーフモードをOFFにすることができるところもあるが、基本的にはサーバーのセキュリティ上の関係でOFFにすることはできない(ちなみにセーフモードはPHPのバージョン5.3.0で非推奨となり、5.4.0で削除になっている)。
  • サーバーがSendmailに対応していないと、パスワードの再発行、メール送信プラグインメール通知プラグイン拍手メール通知プラグインメッセージメール通知プラグインショッピングカートプラグインフォーム管理プラグインは使用できない(たぶん)。
  • サーバーがPHPのZipArchiveクラスに対応していないと、メディア一括登録プラグインが使用できない。 (*1)
    確認するにはphpinfo()でzipの表があれば対応している。

freoを設置するには?




freoの複数設置関連


freoに移行するには?


freoの更新

  • 更新履歴・差分ダウンロード(freo.jp)【2014/06/28追加】
    freoの更新履歴と最新版との差分ファイルがダウンロードできる
    バージョンアップは基本的に、ダウンロードした差分ファイルをフォルダごと上書きアップロードすればOK
  • freo をアップデートする(10press/freo を使おう!)【2014/06/28追加】※リンク切れ
    freoのアップデート方法や注意点など
  • freoのバージョン別変更点一覧(Web Liberty&freoカスタマイズ集)【2014/06/28追加】
    freo本体の過去のバージョンと最新のバージョンとの変更点について、バージョン別にCSSファイル/JSファイル/テンプレートの変更箇所や注意点をメモ

freoに同梱されている外部ツール(ver1.20.0現在)



データベースの編集

  1. 一旦データベース(該当するテーブルのみでも可)をエクスポートして保存し、
    DELETE FROM freo_xxxs;
    (赤字は削除したいテーブル名)と記載したファイルをインポートする。
  2. データベースがMySQLで以下のテーブルの場合は、さらにidの連番の値をリセットするため、
    ALTER TABLE freo_xxxs AUTO_INCREMENT =1;
    (赤字は1.と同じテーブル名)を1.の下に記載してインポートする。
    • エントリー格納テーブル(freo_entries)
    • コメント格納テーブル(freo_comments)
    • トラックバック格納テーブル(freo_trackbacks)
    • ログ格納テーブル(freo_logs)
    • ブックマーク格納テーブル(freo_plugin_bookmarks)
    • 注文履歴管理テーブル(freo_plugin_catalog_records)
    • 送信内容記録テーブル(freo_plugin_form_records)
    • 拍手格納テーブル(freo_plugin_claps)
    • メッセージ格納テーブル(freo_plugin_messages)
    • イラスト格納テーブル(freo_plugin_paints)
    • なぞなぞ格納テーブル(freo_plugin_riddles)
    • タスク格納テーブル(freo_plugin_tasks)
    • 非公式プラグインは省略(テーブルの構成で備考欄に「AUTO_INCREMENT」と表示されているテーブルが該当)
  • phpMyAdminでデータベースを見たところ文字化けが発生している場合(動作自体には支障がない模様)【2013/07/27追加】
  1. 一旦エクスポートプラグインを使って全てのデータベースをエクスポートする。
  2. エクスポートしたsqlファイルを開き、DEFAULT CHARSET=latin1DEFAULT CHARSET=utf8に置換してインポートプラグインを使ってインポートする。
  3. config.phpのデータベースの設定⇒文字コードをutf8にする。
  • DB Admin(PHP Labo)
    ないとさん作のデータベース管理ツール。簡易的だがブラウザから個別データをこっそり編集したい時や削除したプラグインのデータを削除したい時に使う。SQLiteではデータベースを最適化できる場合もある。
    • 最新版ダウンロード(上記の解説のページにあるダウンロードファイルより若干改良されている模様)
    • index.phpの設定項目(freoのconfig.phpの設定を参考にする)
      データベース名⇒../database/freo.db(データベースの種類がSQLiteで設置場所がhttp://example.com/freo/db_admin/のような場合)
    • アップしたけど動かない(500エラーが出る、パスワードを入れてもログインできない)⇒.htaccessファイルを削除
    • 各テーブルのデータが100までしか表示しないのを数を増やす⇒261行目の
$html .= "<td><a href=\"javascript:execSQL('SELECT * FROM $table LIMIT 100;');\">SELECT</a></td>";
   の100の数字を適宜調整する。
   ※あまり大きな数字だとサーバーに負担がかかり表示に時間がかかるので要注意
※Web Diary Professionalなど既存のブログからのログ変換については、上記の「freoに移行するには?」の中にあります。


※ここに載っていない情報が何かあれば...情報を追加・編集する
※編集は面倒・やり方が分からない場合は、コメント欄に書いていただければ有志の方で編集します。

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2017-09-26 17:28:51

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード