Ribbon Network

サーバー情報

  • サーバーのHP:http://ribbon.to/
  • 料金:無料
  • 容量:500MB
  • 広告:下部にバナー&テキスト
  • PHPのバージョン:5.2.17(PHPの環境
  • PHPのセーフモード:ON(セキュリティ上変更できない)
  • 使用できるデータベース:SQLite

設置時の注意事項

  • zipファイルのままアップロード⇒解凍でインストールすることはできない。
  • 広告の表示文字コードをUTF-8にするため、freoを設置しているディレクトリ内に.imptypeファイル(容量が11bytes以上になるように適当に文字を入れる)をアップしておく。
    広告方式についての詳しい FAQ(Ribbon Network)
  • PHPから直接パーミッションを設定することができないため、セットアップ時に自分で各ファイルのパーミッションを設定し、js/common.jsconfig.phpを編集してアップする必要あり(設定内容はセットアップ時の設定編集画面に表示される)。

freoのURLの簡略化(mod_rewrite)の設定

  • mod_rewriteは.htaccessが対応していないのでできない。

使えない機能

  • freoの投稿時でのファイルのアップロードはできない。ファイルをアップロードするならFTPでflies/medias/にアップ(サムネイルは元と同じファイル名のものを作成してflies/media_thumbnails/へアップ)してメディア挿入する。
  • エントリーメール投稿プラグインでメール投稿した添付ファイルから自動的にサムネイルを作成することはできない。
  • メディア一括登録プラグインによる複数ファイルの一括アップロードはできない。
  • エントリー書き出しプラグインにより書き出した内容をJavaScriptで任意のページに表示すると書き出した部分の下部にも広告が表示される。書き出した内容をPHPで任意のページに表示すればそのような現象は起きない。
  • 漫画表示プラグインで漫画を表示する際、広告と漫画が重なるページがある。⇒漫画挿入の際にページ分割のところを「分割で表示」にすれば回避できる。
  • インポートプラグインによるデータのインポートはできない。

その他の情報

  • テンプレートを編集したのにブラウザで更新しても反映されないためtemplates_c/内にある.htaccess以外のxxxx.phpのファイルを削除する場合、remove.phpを利用して削除。
  • メディア管理、ファイル管理プラグインによるファイルの内容の書き換えは対象ファイルのパーミッションを606、対象ディレクトリのパーミッションを707にしないとできない。
  • エクスポートプラグインによるデータのエクスポートをするとsqlファイルの一番最後に広告のHTMLソースが入るので、再インポートする場合はその部分を削除してから行う。


※ここに載っていない情報が何かあれば...情報を追加・修正する

  • 最終更新:2013-04-28 12:52:02

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード